読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BACK DOOR

映画とイベントのざっくりした感想ばっかり

セカンドシティジャパン デモンストレーションライブin大阪

@京橋ベロニカ
初めて行ったけどベロニカの内装がすごい。おもしろい作りでした。
わたしが見た日の前日のレポートはこちら↓
よしもとニュースセンター : 東京で大好評を博したシカゴ産・即興コントショー「セカンドシティ」がついに大阪上陸!

超楽しかった!!!
ほんと楽しかった!!! 見れて良かったですー!!

ちょっと早めに着いたらとても前の席に入れてもらったので、良く見えました。
1部も2部も面白かったのですが、3部はレベルが違いました。もちろん贔屓してますから、フラットに見えていません笑。

というわけで3部だけ自分のためにメモ。
開演前にお客さんに何か一言書いてください、と紙と鉛筆が配られまして。映画のワンシーンだったり、有名なセリフだったり、何でもいいですよーとのことでした。
それが3部で登場。劇中にその紙を開いて、セリフを読み、そのセリフを正当化しながら話を続けてくださいとのことでした。

STORY
お店の店員(リーダ―っぽい)が開店前に、ほかの従業員を待っている。
そこに来た女の従業員は、会社が倒産したと言う。そんな訳ないだろう、と言っているともう一人遅れて来た。「娘の結婚式が迫って来た」から、もう一度再雇用された男。
倒産のことを知らないので、上司に確認の電話するリーダー。
『なに?(「信じれば開ける」的な感じの言葉)』←これがお客さんからの用紙
こんなときでも頑張ればいいってことだよ!と客席共々すげえ!と騒ぐ。
わたし感動しました〜!と女性店員。
再雇用の男が言う、僕最近こんな本読んだんですよ、と。
「希望は残っているよ、どんな時にもね。」
うわー!すげー!と観客席も舞台上も騒いで大拍手でした!
これだけでは感動が分からないだろうと思いますが、ほんとに!あの場にいたら感動したのです!
セリフを言うたびに、紙をステージに投げ捨てていて、それを拾って「これホンマ??」と確認するアキさん。あっそれその紙!!!

わたしが書いた紙ですわ!!!
(そのエヴァのセリフはわたしが書いたのだ)

わたしも自分が書いたセリフがまさか採用されてるとは思っておらず、さらにそれをアキさんに回収されるとは…!とりあえず元ネタあるからね…!とだけ言っておきたい。笑

3部はこんな感じでした。
・犬が伝えるのは…
・妊婦が交通事故に…

・ある店舗にて(セリフ)
・飲むヨーグルトの中、シロタ株とピロリ菌の戦い(サバイバー)
・琵琶湖の大地獄(配役)
・最後のウタネタ
・インド人の結婚式
 ・2年も好きだったのに
 ・ナンを作るしごと
 ・ナンをたべよう
 ・29回の失敗
 ・カレーパーティー

最後のカレーパーティーはここ最近で一番ハッピーな歌でした。スパイクの松浦さんめちゃ歌が上手い〜〜!!
このシーンだけやたらミュージカルでとても楽しかった!面白いしハッピーだった!!!おおお言葉で伝わらない!笑 ほんとにこの京橋のイベントも公式レポほしかったよ〜><

めちゃんこ楽しかったです。
セットも何もいらないので、また是非企画してほしいなあと思います。心斎橋も行けばよかったなあ。

というわけで翌日はカレーを食べました♡