読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BACK DOOR

映画とイベントのざっくりした感想ばっかり

パシフィック・リム

「パシフィック・リム」に関する感想・評価 / coco 映画レビュー
ようやく見れました。2D吹替です。
脚本にツッコミどころは多々ありますが、面白かった!
吹替演技のためにもう一回見たいくらいです。池田さんに「クズだな」ってもう一回言われたい。

以下ネタバレしてますので注意。
何回も言うけどこの映画すきなんです。すきだからこその批評です。すみません。

エヴァすきなひとはあんまり見ない方がいいかもしれない(きっとすっきりしない)。
主人公はブランクを経て戻ってきてすぐ実践できるのがすごすぎる。シンクロへの抵抗ってないのか?記憶を追いかけるのが「ウサギを追う」って、これは何か言葉が外国にはあるのかな。なんかしっくりこない。

ハークとチャックの親子のシーンはぐずぐずに泣いてしまいました。この映画は死亡フラグが分かりやすすぎて、結構泣いちゃう。そしてラストはわたしは許せないんですけど、「ああハリウッドだなあ」って思ってしまいました。なんだよお前達だけ助かって、司令官もチャック死んだじゃねーの、良いのかよ凛子!ってなるね。ところでわたしは菊池凛子が苦手なのでマコが気に入らない。これ吹替じゃなかったら相当嫌いだったと思う。笑

「エルボー・ロケット」は「ロケットパンチ」に翻訳しなくてよかったと思う。必殺技はあんまりなかったね。大型武器の紹介はあったけどあんまり使われなかった。そういえば量産機ってなかったねー。量産って難しいのかなやっぱり

あと「壁ってお前…」進撃の巨人じゃねーの、って思ってしまいました。笑

CGはほんとすごいなーって思って、くまなく見ている暇はなかったです。真剣に見てたみたい。

何より吹替に力を入れてくれて本当にありがとう。こんな豪華な吹替で、劇場で演技を聞けてわたしは幸せです。古谷さんはパイロットだと思ってたら違って驚きました。刷り込みってこわい!笑

なぜか「リアル・スティール」見たくなりました。