読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BACK DOOR

映画とイベントのざっくりした感想ばっかり

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

DVD レンタル

お休みを頂いたので、暑いし引きこもってアニメ全11話見ました。
まさか主人公が引きこもりだったとは知らなかった…

話の作りが劇場版っぽい作品だなあというのがざっくりした感想。
泣ける泣けるとは聞いていたけど、最後は耐えれず泣いてしまいました。やっぱりこういうのだめですねー泣きますねー。

小学生のときの友達が死ぬなんて、結構重い設定なのに、すべてはめんまも笑顔に救われて見ていた気がします。
友達関係も結局は小学生らしい「すき」でつながっていて、その気持ちって結局変わらずにそのまま大人になっていく。

死人は自分を忘れてほしくない、って気持ちはきっとある。
でも死人が与える影響っていいことなんてなくて、ましてや自分が死因に関わってると感じていればなおさら囚われていくのだと思います。
だから人は前に進むために「忘れる」んだなって、そういうことを考えました。
めんまが叶えたかった、じんたんを泣かせるということは、母親の死を背負ったまま頑張りすぎているじんたんを救いたかったからだと思います。
いろいろあったけれど、彼らの活動はめんまの家族の時間を動かすことに成功したし、
ちいさな平和をまた守ったんじゃないかなあと思います。


ところでじんたんのあのTシャツのセンス!
SKET DANCEの椿を思い出したのはわたしだけですか!そうですか!
じんたんのTシャツほしい!!!!
売ってるらしい→あの花夏祭2013 | 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。