読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BACK DOOR

映画とイベントのざっくりした感想ばっかり

尾田栄一郎 監修 「ONE PIECE展」〜原画×映像×体感のワンピース

イベント

就活のついでに
尾田栄一郎 監修 「ONE PIECE展」 原画×映像×体感のワンピース
時間あるなら行こうと決めておりました。
いやーすごかった。楽しかったです。スーツにパンプスで足が痛かったけど。

思ったこと
・楽しい
等身大フィギュアとかすげえ!映像は泣いたし、ネームとか見れて感激でした。おだっち仕事しすぎです。映画の仕事とかこんなクオリティ保ってよくやるよなあって感動します。冨樫展もやらないかなあ。無理か。
・とりあえずうるさい
みんな複数名で来ている人ばっかりでほんとやかましい。いやいいんだろうけど、静かに見たい人には酷。わいわいがやがやしてる。年齢層もそんな感じ。うん。笑
・人が多い
映像の部分などで区切ってはいるものの、チケット発券数が多いんじゃないかなって思う。団子状態がかなり続く。制限かけてこれってどうなん、って結構思ってた。かなりしんどかった。見るのに2時間以上かかった。
・マナーは全体的に良くない
これは私の前にいた人なんだけど、普通に絵に触るし、入ったらいかん場所も堂々入る。でもスタッフ注意全然しない。たぶん人数少なすぎなんだと思う。好きなんだったらちゃんとマナー守って、大事に見てほしい。
スタッフしたことある身としては「てめェ何触ってんだおらアアア」って思ってた笑 恐ろしいです
・展示間隔が狭い
絵と絵が近い。普通の美術展より狭い。もっと広くできんかったんかな。展示方法とかもだし、作品ももうちょい絞ってもよかったんじゃないかなあ。

楽しいんだけど、平日でこれ(対応とか人数とかもろもろ含め)どうなんだろうなあって思う。そう思うと井上展ってすっごいマナーよかったし、あんまり苦労しなかったなあって思った。
おすすめするかどうかって言われたら、「ファンなら行かなきゃ損だぞ」って言います。実際楽しかったですしね。でもどうしてもスタッフ的なとこ見ちゃうんですよね…
なんにせよこんな風にマンガ作品が認められていくっていうのはいいよね。俺すきです。