読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BACK DOOR

映画とイベントのざっくりした感想ばっかり

名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)

www.conan-movie.jp

2年ぶりのコナン映画でした!
みんなの評判が良かったので、軽い気持ちで見に行ったら、池田ファンで古谷ファンのわたしには刺激が強すぎました。
天海さんの演技もとても良かったです。実写があるならご本人にやってほしいレベル。

ミステリーとしてどうなのか、と言われると難しいのですが、
VS黒の組織のバトルが派手すぎてすごい。
そして黒の組織のメンバーがダブルフェイス多すぎて大丈夫なのかなって思いました。
あと個人的に肉弾戦が好きなので、コナンで見れると思っていなかったのでめっちゃたぎりました。ありがとうございます。

久しぶりにアニメを見たので、登場キャラクターに知らない人もいるんですけど、気にせず見れますので、ガンダム好きな人には気が向いたらぜひ見てほしいです。笑

ガールズ&パンツァー 劇場版

http://girls-und-panzer.jp/

ようやく見ました。

序盤の感想
・これはヘルメット被らないとほんとに死ぬと思う。危ない。マジ危険。え、ほんと大丈夫???
・知波単の「とつげきーっ!」単騎でも突撃しかできないところ、辞めろと言っても勝手に突撃するところ、三國無双甘寧みたいだなーと思っていた。全然制御できなくておもしろかった。甘寧ごめんなさい。

みんなが転校してきてくれるの激アツだった!
確かに砲撃音がそれぞれ違うので、みんな劇場で見たがる理由がわかりました。
TVシリーズ未見なので、あんまり設定知らないんだけど、戦車で破壊されても再建してもらえる感じなんでしょうね。
個人的には街が破壊されるのちょっとキツかったな。

面白かった!もうちょっと早く見とけばよかったわ!笑

スーパー歌舞伎II ワンピース

www.onepiece-kabuki.com

3階席空いてると教えてもらって見に行きました。
一番後ろだったので、花道は見えないんですけど、正面の舞台は十分見えます。

兼役が多いのです。詳しくはぜひサイトを見てほしいんですけど、ルフィとハンコックが兼役ってすごいよね!
見終わった感想としては、2部のオカマの印象が強すぎる。
まさかの客降りあったんですよ。オカマ客降りしてくれたんですよ。嬉しくてハイタッチしました!!!

公演を通して、ものすごいエネルギーと、ハッピー感を感じました。すごかった!!
チャンスがあれば、ぜひ見てほしいです。
落ち込んでる時とかに最高の脳内麻薬でした。笑 すごく楽しい時間でしたよ!

KING OF PRISM by PrettyRhythm

いろんな感想読んできて、みんな「笑ったわ!」みたいなことがメインのレポが多いけど、わたしは号泣だった。プリパラの一期だけ見てたから、メイキングドラマの部分(←これは共通語?なのかわからないけど)は全然違和感なかった。序盤ちょっとビックリしたけど。多分異端児なんだと思うんだけどかなり泣いた。

ここからちょっとネタバレあり。
オバレ解散するのは公式サイトのストーリーのところで知ってたけど、やっぱり悲しかった。アイドルをしているみんなが、別れとか引退とか、そういうか「(自分の力では)どうしようもない」悩みを抱えているのは本当に辛くて、この辺からもう涙腺が緩んで仕方がない。

コウジがシンに稽古をつける、そして解散ライブ。その流れが本当に辛くてダメだった。コウジはプリズムショーが楽しいものであることを、自分と、仲間と、そしてファンのみんなにもう一度思い出してほしいから、シンに稽古をつけたのだと思う。

ヒロが泣いてコウジの名前を呼ぶのが辛かった。彼は過去の自分のことを一生許すことはできないし、今後もそのことを悩み続けていくのだと思うと、涙が止まらなかった。当たり障りのない言葉をかける。身体に気をつけて。彼らはそれ以上の言葉を言うことができないからだ。
スケートリンクなのに、彼は滑ることを止めて走った。冷たい氷の上で、一歩一歩コウジの乗る車両に向かって走った。わたしはヒロと一緒に泣いた。

辞めないで。
アイドルがステージから去る時、わたしたちは声をかけるけれども、それってすごく残酷なひとことなのではないかなと思ってしまった。彼らもわたしたちと同じ人間で、その道を選んだのだから。コウジはどんな思いでこの言葉を聞いたのだろう。

悲しみにくれる会場。そこで新人のシンが歌うのだ。プリズムショーとは如何なる世界か、それをみんなの胸に問う。数々のアイドルが笑顔で踊っていて、わたしは全然知らない彼女たちの様子を見てまた泣いた。みんなを笑顔にしたい、その単純明快で真っ直ぐなこころが、ショーの根源にあることをシンは自ら示した。タクシーの車内で歌うコウジは、もうステージの上のアイドルではなかった。

物語は急激に終わる。エンディングの歌でも泣いてしまった。そのステージは、いまはもうない。

アイドルが辞めてしまうのも解散してしまうのも、わたしには本当にダメな話で。最高の舞台を作ろう!っていうのは大好き、でもそのあとはどうなるのかな、って思って胸が苦しくなる。アイマスでも言ったけど、みんなそれぞれ「違う」のだ。いつかは終わる、それが分かっているから、だから苦しいし、わたしはアイドルたちに幸せになってほしい。でもそれができないから、わたしは泣いたのだと思う。ステージはきらめきと同じだけ、儚く脆い。

作品を見たら、みんなが何に熱狂しているのかわたしはちょっとわからなくなった。苦笑。わたしが感情移入しすぎなのかもしれないな。

工作のじかん:缶バッチのディスプレイ

お気づきのとおりわたしはオタクです。
アニメ関連だったり、アーティストのグッズで「缶バッチ」または「ピンバッチ」ってよく売ってますよね。何となく買っちゃいますよね。でも特につけるところがなくて溜まって困るので、この度飾ることにしました。

f:id:cell0seki:20160119165820j:plain

という訳でこんな感じです。これは戦国無双のイベントで購入した缶バッチ。同じ人がいたり種類が違うのもあるけど気にしない。
作り方をご紹介します。

続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」

digimon-adventure.net

ようやく見ました〜
冒頭でオープニング曲かかるだけで泣くし、再会シーンでも泣くし、ずびずび泣きながら見てしまいました。もう一回見たかった…。
評判様々ですけど、個人的には高校生になった彼らは声優違っても全然違和感なかったです。当時のTV放送しか見ていないからかもしれないですけどね。当時の世界を壊さないいい話だったと思うけど、この進化のスピードで今後の敵と戦えるのかなっていうオタクならでは?の不安を感じます。とにかく6章まで楽しみですね。わくわくする作品の上映がしばらく予定にあるって素晴らしい!

Joy!Joy!エンタメ新喜劇

www.yoshimoto.co.jp

辻本さんが久々に取り立て屋ですっごい楽しかった!笑 個人的に内場さん久々に見たー!お坊っちゃま役も久々です。そこがやっぱり面白かった。笑

今回人が多すぎて風呂敷広げすぎて回収できなかった感がすこし。勿体無かったなーと思います。一時間と尺短めだったのはキッズが出ているから条例的なやつでしょうか。
ダンスするのは嬉しいんですけど、お話のなかへの組み込み方がやっぱり違和感を感じます。毎回このシリーズそう思いつつ来てますけど、今回は顕著でした。最後のオチってありました? わたしが見つけられなかっただけかな。なかったのかすらわからない笑

次回公演の手売りがすごい行列ができていて、アキさんの人気をひしひしと感じました。(わたしは諦めた笑) 人気なのはいいんですけどね、空気読まずに舞台に呼びかける人が増えるの苦手なんですよね。いいときと悪いときあるやん、と思ってしまう。客層もやっぱりこのシリーズは異色で慣れないので、ちょっとしばらくいいかなと思ってしまったのでした。うむ。本公演行こう。笑