読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BACK DOOR

映画とイベントのざっくりした感想ばっかり

短編映画「力俥-RIKISHA-」特別上映イベント

〜力俥亭〜Rickshaw Station
短編映画『力俥 - RIKISHA - 』特別上映イベント | Peatix
今週も大阪から弾丸で!次の日仕事です)(前日も勿論仕事です)

色々悩んだ結果14:30と17:30の二回参加しました。
後から思えば全通してもよかったなあ…

とても面白かった!
「力俥」ハートフルコメディで笑えた(14:30の方が笑い声は多かった)
そのあとのトークも二回とも違う話だし、充実しておりました。後半の話も混ざってるかもしれないけど…

階段の昇り降りのこと、電柱にぶつかった話、なぜ人力車なのか、自主制作ならではの話でエキストラだったり何度も繰り返し出演してること、カメラさんの話、実写のフットワークの軽さ、たおちゃんのかわいさ、…
こういう裏話が聞けるのが舞台挨拶(舞台挨拶っていうのかな…イベント?)の楽しみですよねー。

朗読(爆闘相棒 リック&ショウ)は目の前で、声で演じられているのが見えて興味深かったです。小野さん結構動いてたけど、関さんはほとんど体を動かさなかったのが印象的でした。関さん両方噛んでて、失礼かもしれないけど生アフレコ!って感じで良かったと思います。
「台本はおもちゃ箱だと思え」それ(台本)をベースに、遊べ!ということ。俺の名前はマック、ジャック、いやファ…とか下ネタを三部で入れた小野さんに対し、岡崎さんが「関さんは下ネタが有名」とのたまい、「僕は台本に下ネタは入れません」とのことでした。笑

もうこの作品のプレスの場みたいでした。盛り上がりまくりでツッコミまくりでしたね。
アフロがリック、さらさらヘアーがショウ。2人とも一部では自分がアフロだと思って演じていたらしい。笑
むとうさんはこの時がいちばんイキイキしていて面白かった。原作コミックがある設定で、リックもイケメンだったのに、アニメ化にあたりなぜかアフロになった、という話。だから凛太朗の息子は叩かれている、という設定らしい。
関さんはもう同人誌書いて!みたいなことを仰っていて、原作がないのに笑 
装甲のフォルムの話、略称があること、謎の子どものこと、これからのBBのこと…いろんな話がありました。いやーどうなるんでしょう。すごく面白かった。真剣にみんな聞いてましたね。むとうさんの真剣さがすごかったですね。何で面白いって思えるんだろうって考えたけど、あの組み合わせ(人力車×ロボット)っていうのが面白いのかなあ。

個人的名言
岡崎さん「着ぐるみにしやすそうですね」

期待しておきます。w 2も期待です。
運営に関してはアレ(そのこと書いたら本編より長くなっちゃった笑)だったんで書くのやめておきます。
わたしも接客見直そうと思った。わたし自身がすごく気になって見ているのもあるけど。
目的が「わいわい発表会だから見に来てね、不備あっても許してね」なのか「映画を上映しますのでお客様として来てください」なのかそこの感覚の違いかもしれないですね。イベント自体が楽しかっただけにすごく気になりましたので、次回は改善されてるといいなあと思います。