BACK DOOR

映画とイベントのざっくりした感想ばっかり

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門

goemon-ishikawa.com

前作の「次元大介の墓標」は映画館で3回くらい見ることになった。尺が1時間というのが良くて、内容も面白かったからだ。
今作もチラシからわくわくしていたのに、公開日からかなり経ってから見ることになった。上映時間を選べるうちに何回か見れば良かった。

今回もすごく面白かった。OVAだからみんなキャラクターを知っている程で話は進むし、1時間だから変な寄り道もない。無駄なところがなくて、お決まりもしっかり守って、とても良かった。公開日にSNSで「ちょっと任侠寄りで苦手」という女性のコメントを見たので、どんなものなのかビビっていたけど、わたしは全然大丈夫だった。五ェ門の肩の肉が削がれているところが一番痛々しかった。
話が続いているので、前作などは見た方が楽しめるけど、単体でももちろん大丈夫。超人技を使う五ェ門が人であるところが良い。

いやはや、今回も最高でした。

ポッピンQ

劇場アニメ「ポッピンQ」 | 公式サイト

すこぶる前評判と上映中の評判があんまりだったので、どんどん見る気が失せたのですが、その評判の割には面白かったと思います。

いろいろ疑問点とか感想

続きを読む

舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード1

舞台『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』公式サイト

軽い気持ちでチケットを取りました。
初日が千円も割引なら、岸本さん出てるならと。
座席は後ろ目だったけど千円引きなら全然オッケーと思って行ったら、まあ度肝を抜かれたんですよ。

とにかく面白かったんですよね。
ルールも説明しなくちゃならないし、走り回るスポーツを舞台で演じるって
すごくハードルが高いと思うのですが、見事に越えていったというか。単純に面白かった。

家に帰ってから「どうして面白かったのかな」と悩んでいて、気がついたのは実況の存在。
スポーツ中継には大抵実況がいるのが普通。
臨場感を伝える、っていうのがまさに、試合観戦している気分だったのかなと。

プロジェクションマッピングがすごいわけではなく、歌で引っ張るのではなく、
スポーツとしてそこに存在していて、それが架空なのにまた妙にリアルで、なんとも言えない良さがありました。
(実際やるとなると、なかなかキケンだし確かにお金かかるだろうしで、浸透しづらいだろうな)

前情報ほぼゼロで、ゲームもしてないしアニメも見てないし、
ほんとに何も知らない状態で見たけど、今年見た演劇で一番面白かったです!

以下ちょっとネタバレあります

続きを読む

CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第1章

www.cyborg009.jp

「第X章」という感じの映画は割と全部見る派なんですけどね、ファンなんですけどこれはちょっとダメでした。1章で切ってしまいました。
後から本作がテレビ(?)シリーズというか、1クール分に分けられて配信っていうのを見て納得しました。とにかく1章で全く盛り上がらないんですよね…続きが見たいと思えなかった。
映像もセル画に寄せたいのか、リアルに寄せたいのか分からないし、これはわざわざ3DCGにしなくてよかったのでは?としか思えなかった。とにかくうーんという感じで…

現代で009をやるには、彼らの根本的な考えとして「戦いたくない」があって、でも戦いに巻き込まれてしまうというのがデフォルトになってしまったので、あまり新しさは感じられなかったなあ。敵もいくらでも強いものを出せるので、力が強すぎて戦いを見ていても全然面白くないんですよね…ドキドキハラハラはないんですよ、ずっと負かされている感じで。VSデビルマンのほうが面白かったなあ。

こっちね。

久馬歩責任編集 月刊コントNSC10期生25周年号

news.yoshimoto.co.jp


今年一番のお笑いのステージでした。
ステージの内容はニュースセンターを見てください。

いやーーーーーー楽しかった!!!めっちゃ笑いました。
全部のネタが分かる訳ではないのですが、とにかく楽しかったです。
シェイクダウンが見れたのは本当に嬉しかった…付録コントはじまったときちょっと泣いた

当時のネタがわかるお客様がほとんどで、わたしは異色の超若手の客だったので、みなさんの「知ってる!」「懐かしい!」空気がうらやましかったです。また見られる日を楽しみにしています!

デジモンアドベンチャーtri. 第3章「告白」

digimon-adventure.net

開始1秒で泣いた。(そのあと仕事あったからめちゃくちゃ我慢したけどダメだった)
今回「告白」というか「決別」という内容で、非常に胸が痛かったです。ずるずる泣いてしまう…

「大事なのはこれからどうするか」という言葉が繰り返し使われていて、これからの展開のキーワードなのかなと思っていました。ラストのデジタルワールドでの再会シーンは懐かしさと辛さといろんな感情がごちゃまぜになって、泣いてしまいました。もうデジモン毎回泣いてしんどい…あーもっかい見れば良かった…

次回2月ですね。楽しみですね。

ONE PIECE FILM GOLD

www.onepiece-film2016.com

個人的には良かったですよ。
でも777巻を読んで、ようやく補完させるところがあるのが惜しいかな。
アニメシリーズで1年くらいかけてやってもいいのではないでしょうか笑。
今回衣装チェンジ多いので、そこはとっても見所だし、主役はナミさんです。

あまり敵について詳しく描かれなかったので、そこまでテゾーロに感情移入できなかったですね。
なのでずっと麦わらの一味の視点で物語が進んで行きます。なので感覚的には、さほど問題はないし、むしろ戦い等はすっきりして見れるし、何度も「だまされる」ので、そこは痛快です。

特に前知識は要らずに、軽く見に行けるけれども、ドフラミンゴ戦までちゃんと見ておかないといけないのがハードル高いですよね。。。長期連載過ぎて、それって今になると結構難しいよね。それが問題かなあと思いました。

ちょっとネタバレになるけど、バカラの能力が「ラックスティーラーだ!」と思って、そっちが読みたくなりました。笑